ミンカブが一時ストップ高!チャート分析と最新の機関投資家の空売り動向!

本日の日経平均株価

日経平均株価:23,558円(-61.00円)
TOPIX:1,643(-4.03)
マザーズ指数:1351.22(+16.38)

本日はあまり動きのない一日でした。東証一部の出来高は1兆7千億円程度であり市場の活性度を表す目安の2兆円を割っていることからも活気がなかったと言えます。米国市場待ちといったところでしょう。

中期保有銘柄

ミンカブ:3170円(+325円) 購入株価2117円900株 記入忘れてましたが買い増ししました!
プレサンスコーポレーション:1452円(+6円)購入株価1364円
スペースマーケット:1042円(-10円)購入株価982円×600株
システム情報:1409円(+57円)購入株価1300円300株 中期
DIT:1395円(+38円)1298円300株 中期
良品計画:2058円500株 購入株価1971円500株 400株2050円利確

良品計画は早めの撤退としました。早期イナゴで早めの撤退です。少し利幅をとれたかなと思います!もっと持っても良かったのですが、ちょっと分析に自信がなかったので早めの利確としました。400株の利確としたのはSBIが売買100万円までは手数料が無料だからです。明日もう100株を利確しようかなと思います。

ミンカブについて

最大保有銘柄であるミンカブですが、今日は一時期ストップ高となる3345円を付けました。本日の1分足チャートを見てみます。朝から超短期(デイトレード勢)の利確をこなして上昇し続けています。売りが少なく買いたい人ばかりなので株価がグングン上がります。出来高は少ないので個人投資家が買っていったと思います。心理的には「この株価が上昇のに乗り遅れたくない!」という気持ちで買いで入っているのかなと思います。そのまま前場が終了し、後場には更に買いが入り一時ストップ高となりました。その後ストップ高となった後に売りが入って一旦株価が下がると、短期利確勢が出て引けたという流れとなりました。このチャートからも基本的には今売りたい人は短期の利益確定売りしかいないと思います。既に保有している人は握力で売りを絞って株価がどんどん上がるのを待つのがいいと思います。ガチホで利益を伸ばすだけ伸ばして暴落してから売っても、今売るよりかは利益を伸ばせます!

機関投資家の空売り情報

金男と野村が10月8日に空売りしていますが、本日ストップ高となったので確実に焼けています。もはや黒焦げとなっていると思います。ストップ高となって上場来最高値を更新している最中の空売りなのでどう考えても損失を出していますね!また、機関投資家の空売り残高は将来の踏み上げの原動力となるので悪いことではないと思っています。現在の残り空売り残高は45万株です。ミンカブはBASEやチェンジのような押し目のない驚くべき上昇トレンドを形成して株価上昇を続ける気がしてきました。全力でガチホしていきます。握力!!

 

ミンカブの動向情報、ブログの更新情報等はTwitterで毎日ツイートしておりますので宜しければご登録下さい。

https://twitter.com/hizakurige_work

 


 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. アバター 焼きそば より:

    個人の買残が130万もあるんですよね。個人の売残は37万ほどあるんですが。
    ブログありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました