【ミンカブ概要レポート5】2Q決算&売買戦略について

ミンカブについて

私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、本日引け後に2Q決算を発表しました。私は決算を現在の株価は割安&市場予想は悪決算と思われている中、私は良決算だと思い跨いで勝負しましたが、決算内容がどうだったか、今後の売買戦略はどうか考えたいと思います。

2Q決算について

決算説明資料のほうが見やすいのでこちらで見ていきます。まずは損益計算書(PL)と呼ばれるものからです。

損益計算書(PL)

売上高6割増、営業利益9割増

基本的に四半期の決算は前年の同期で比べることが大切です。特に期末偏重型のビジネスモデルをしているミンカブの場合は比較対象がまず前年同期比となっていることが大事だと思います。この数字は、圧倒的な数字だと思ってます。ミンカブのような成長株はやはり売上が伸びていることが大切だと思いますがしっかりと伸ばして生きているので良いと思います。ミンカブのビジネスモデルであれば、固定費が少ないため売り上げが伸びれば利益は必然的についてくると思います。

どこが儲かっているのか

ミンカブの事業はMEDIA事業とソリューション事業の二つありますが、MEDIA事業では課金収入が伸びています。課金収入は広告収入からサブスクリプション収入中心となり今後も安定的な収益が得られるため非常に良いと思います。一方でソリューション事業は144%の大幅アップでストック収入が増えており、こちらも一時的なものではなく今後も積み重なっいくので素晴らしいと思います。

今後の収益拡大とM&A

買収したPT+の利益もしっかりと乗っており素晴らしいと思います。ロボット投信はマイナス予想ですが、ミンカブの事業との親和性も高く黒字化することが可能だと考えておりますので、今後もグループ全体を通して利益を伸ばしていきそうだと思ってます。

PT+について詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

金融情報カバレッジの拡充・中期的グループ成長体制の構築を目的とした、 REIT情報ベンダーProp Tech plus株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ | 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドのニュースリリース配信ページです。

通期の予想は?

通期の予想は据え置きで増収増益を予想してますが、ミンカブは期末偏重型のビジネスのためこの調子でいけば上方修正もあり得るのではと思ってます。前期比で60%を超えているのでこのペースで進めば現在の予想の43%増を超えていくことも可能なのではと思ってます。とりあえず目標達成にいいペースで進んでいると思ってます。43%の増収を毎期続けていけば5年で約6倍の増収となりますので、kのペースの成長が続けばテンバガーとなる可能性はかなり高いと思います。

更に追加のIRが二つ!

まずIRの一つ目です。ミンカブのAIを用いた自動記事作成技術をついにプロ野球に商用販売をすると発表しました。自動記事作成技術は、速報性と正確性が大事な決算だけでなく、スポーツとも親和性が非常に高いと思ってましたが、もう商用化するとは驚きでした。

 

二つ目は、選挙との連携です。こちらもミンカブが持つAIを用いた自動記事作成技術を用いた提携です。選挙も正に速報性と正確性が大事なので非常に期待できると思います。この連携は政府が掲げるDX:デジタルトランスフォーメーションに沿ったもので、政府のテーマに沿うために狙って連携していると思います。国策に売りなしとの格言もあるので、便乗してくるあたり流石だと思います。

 

総じて株価が少し低迷していたこのタイミングでIRを出してくるあたり流石、金男出身(ゴールドマンサックス)の瓜生社長の手腕だと思います。創業者であり優秀な社長(経営者)が大株主の企業は必ず伸びると思います。普通に考えれば会社の価値が上がったら自分の資産も増えるなら頑張れますよね?大企業の雇われ経営者(自社株を持っていない経営者)とは賭けているものが違います。
改めて凄まじい経歴ですね。笑

 

今後の戦略について

現在のポジションとチャートについて

現物:2118円×1000株
信用:2577円×1000株

現物はもともとスーパー長期の予定なのでガチホです。一方で信用は2日の大統領選挙前の売りのタイミングと4日に信用で1000株を購入しました。状況的にほぼ確実に上だと思ったからです。ミンカブは3400円の高値を付けた後、約1000円も下げています。これは大統領選挙前に買いづらいことと、2300円~3000円の出来高が少なく、3000円以上で購入した人が損切しやすいタイミングで、売りしかいないことが原因だと思います。しかし、前回決算前の高値と50日移動平均線が作る2340円がサポートになる想定のもと2300円~2500円でひたすら買い続ける戦略で挑み、結果的に予想通り2420円が下値となり、ベストなタイミングで購入することができました。本来はMACDが右上がりになるまで待つべきだとは思うのですが、今回は確実に上がると自信がありました。最近思うのですが、買う際に相手側(売り側)の心理まで考える重要性が分かってきました。自分が買いたいときに売りたい人がいるのはどういう心理なのか考えることで勝率がぐっと上がっている気がします。

戦略

信用はMACDが右下がりになるまで!
現物はガチホ!

今回の決算で上がると思ってます。事前予想では2Q決算はあまり期待されていなかった&売り込まれていて割安であるためです。このまま心理的な目安である3000円をまずは突破できるか否かが争点となりそうです。ミンカブは長期で上!と誰もが思っていますので、売りが出なく買いしかいない状況となり上がっていきそうな気がします。なんなら初期イナゴで買い増しもありです。個人的には3400円も今年度中に突破すると思ってます。しかし信用だけは、今回のような大幅下げを食らう前にちょこちょこ利確していこうと思います。

結論

・2Q決算は順調な良決算
・更に2つの良IR付き!
・AI自動記事作成技術を利用した成長も今後期待できる
・長期はガチホ、短期は目先のMACDが右下がりになるまで
・初期イナゴで買い増しもあり

長期は上!ガチホ!かなり自信を持って言えます。いい銘柄発見できたと思ってます。今から入る人はまだ間に合うと思ってます。初期イナゴは良戦略です。高値圏で株価が上がり続けているからと言って買うのは危険なのでやめた方がいいと思います。ただし長期ならありかなと思います!

あくまでこの分析はひざくりげの主観ですので、投資に関しては自己責任でお願いいたします。

ミンカブの動向情報、ブログの更新情報等はTwitterで毎日ツイートしておりますので宜しければご登録下さい。

サラリーマン投資家ひざくりげ(@hizakurige_work)さん | Twitter
サラリーマン投資家ひざくりげ (@hizakurige_work)さんの最新ツイート。サラリーマンしながら、株式投資で3億円を目指すブログをやっております。ほぼ毎日更新し、テンバガー候補銘柄や個別銘柄分析等、投資にまつわる情報を発信してます。 興味がある方はフォローお願いします。過去の投稿が見たい方は是非サイトへどうぞ...

 

過去のミンカブの記事

【過去→現在】

【テンバガー銘柄候補を見つけたい】第1回  ミンカブ・ジ・インフォノイド
リーマン投資家ひざくりげが考えるテンバガー銘柄候補の条件を満たす企業を紹介!第1回はミンカブ・ジ インフォノイド。ビジネスモデル、成長性、経営者、時価総額、様々な角度から分析する!必見!
【ミンカブ】近況概要レポート!機関投資家の空売り状況や中長期の株価推移を考察!
ミンカブ ひざくりげの保有銘柄のミンカブについて、良決算なのに株価が大暴落しておりますが、近況はどうなのか、今後株価はどうなるのか考えていきたいともいます。何故ミンカブを推しているのか、決算後何故暴落したのかは過去の記事をご参照ください。...
【ミンカブ】近況概要レポート!機関投資家の空売り状況や中長期の株価推移を考察!
ミンカブ ひざくりげの保有銘柄のミンカブについて、良決算なのに株価が大暴落しておりますが、近況はどうなのか、今後株価はどうなるのか考えていきたいともいます。何故ミンカブを推しているのか、決算後何故暴落したのかは過去の記事をご参照ください。...
日銀砲さく裂で株価は安泰?ミンカブは記事自動生成に関する特許査定を取得の報道!!
本日の日経平均株価 日経平均株価:23,032 円(-241.59円) TOPIX:1,605(-15.49) マザーズ指数:1131.73(-6.91) 本日は日経平均はGDで始まりましたが、後場には日銀砲(801億円)がさく...
【ミンカブ近況概要レポート3】特許取得&株主優待制度拡充と今後の株価について考察!踏み上げは近い!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
ミンカブ機関投資家空売り残高情報と最近の傾向、今後の展開予想について
ミンカブ機関投資家空売り残高情報 ひざくりげの最大保有銘柄であるミンカブについて、機関投資家の動向を綴っていきます。 下記はミンカブの前回決算日以降の機関投資家毎の「空売り残高」と「株価」の推移をまとめたグラフとなっています。いかに決算...
ミンカブがQUICKとの業務提携のIRを発表!内容とその効果を分析!
ミンカブのとQUICKの業務提携について 私の最大保有銘柄であるミンカブですが、本日の引け後の17時にQUICKとの業務提携についてのIRを発表しました。本文は下記のリンクからご覧ください。 QUICKとは? 私ひざくりげはお...
【ミンカブ近況概要レポート4】機関投資家の踏み上げ相場到来、展開予想と今後の戦略について!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
【ミンカブ緊急概要レポート】株価爆上げの最中引け後IRを発表!IRについて分析!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
米国大統領選挙&決算前のミンカブ買い戦略について
月曜日の日経平均株価 日経平均株価:23,295円(+318.35円) TOPIX:1,607(+28.62) マザーズ指数:1155.42(-15.83) 米国大統領選挙について 私は個人的にはトランプ大統領が勝つと思ってます。...

 

 


 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 【ミンカブ概要レポート5】2Q決算&売買戦略についてミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、本日引け後に2Q決算を発表しました。私 […]

  2. […] 米国大統領選挙&決算前のミンカブ買い戦略について月曜日の日経平均株価 日経平均株価:23,295円(+318.35円) TOPIX:1,607(+28.62) マザーズ指数:1155.42(-15.83) 米国大統領選挙について 私は個人的にはトランプ大統領が勝つと思ってます。…www.toushika.work2020.11.03 【ミンカブ概要レポート5】2Q決算&売買戦略についてミンカブについて… […]

タイトルとURLをコピーしました