【ミンカブ概要レポート6】クリプタクトと資本業務提携の新IRを発表!その内容を分析!

ミンカブについて

私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、本日引け後にIRを発表しました。最近マザーズ指数が軟調なこともあり、ミンカブの株価も軟調となっております。その中IRを発表しましたがIRの内容がどうだったか分析したいと思います。

IRについて

本日ミンカブが『クリプタクトとの資本業務提携に関するお知らせ』というIRを発表しました。ソースはこちらからご参照ください。

https://global-assets.irdirect.jp/pdf/tdnet/batch/140120201209433059.pdf

クリプタクトとは?

私もクリプタクトは知らなかったのでググって調べました。クリプタクトの会社概要を読むと太字に書いた通り、主に仮想通貨の損益計算を提供するサービスを提供している金融・ITに強みを持つFintech企業です。ミンカブの事業との親和性は非常に高いと言えます。

金融・ITに強みをもつメンバーが2018年に設立した、新しいサービスを提供するFintech企業。SNSなどPeertoPeerの世界観が今後拡大する社会を見据え、その裏返しとなる自己責任の拡大に人々が対応し、適切な判断と問題解決ができるよう、テクノロジーでサポートすることを目指す。

2017年12月仮想通貨の損益計算サービスをリリース。あらゆる資産、株・為替・その他金融商品だけでなく仮想通貨までも対象とする、投資支援プラットフォーム構築に向けた成長シナリオの第一ステップとして、同サービスを展開。ユーザー数拡大、DAU向上に向けて開発を進める。

・直近は投資支援プラットフォームのメインサービスである、投資SNSの開発に注力。グローバルに存在しないサービスとして、2020年3月にβ版をリリース予定。株や為替なども扱えるサービスのMVPを2020年上期にはリリース。

 

クリプタクトの代表取締役社長

これを見ると斎藤社長はミンカブの瓜生社長と同様にゴールドマンサックス出身です。これは金男仕事仲間だった可能性もありますね。(笑)それにしてもこの斎藤社長もかなりの経歴を持ったやり手だと思います。東大院まで出て金男に行ってヘッジファンドの経験を経て同会社も設立。ヤバすぎます!もし上場したらこれは投資してみたいですね!

 

【参考ミンカブの瓜生社長の経歴】

 

どんなことを期待して提携するのか

1.個人投資家向けサービス提携

クリプタクトの持つ資産投資アイデアや情報を世界中の人とシェアできるプラットフォームサービスである投資&SNS支援サービスであるアイデアブックにミンカブの持つフィンテックソリューションを適応するそうです。このアイデアブックはなかなか面白い試みかもしれないですね。上手いこと投資界隈に広がれば事業性がかなりありそうな気がします。今後革新的なサービスが提供できる可能性があると思います。

アイデアブック
あらゆる資産の投資アイデア・情報を世界中の個人でシェアできる投資×SNSサービス。透明性を担保した相互評価や、シミュレーション、ゲーム性をもって投資の疑似体験へ

2.金融機関向け新事業領域の共同開発

下記の通り資料を読みますが非常に難解です!私も10回くらい読みました。(笑)めちゃくちゃかみ砕くと、株式を運用するファンドが投資家を紹介する証券会社に対して支払う手数料を分解すると、「実際に株の売買に伴うコスト」と「運用レポート作成コスト」がかかるが、MiFIDという新しい制度の導入結果、ちゃんとコスト両方しっかり記載しない。という状態になったそうです。その結果、ニーズが高まった株式運用レポート作成コストの定量評価方法及びファンドと証券会社を繋ぐシステムの共同開発をするそうです。新しい制度ができた時はビジネスチャンスができることは多々ありますのでこの隙間を塗っていくと言うことでしょう。期待できる事業だと思います!金融機関がこぞって採用すれば安定した収入が得られますので非常に良いと思います。

【IR抜粋】

 

結論

・IRはすぐに業績に反映出きないかもしれないが将来的には非常に期待できる内容
・瓜生社長と斎藤社長の金男コンビで最強の経営陣がタッグを組む提携
・クリプタクトは将来的に上場も期待

株価にはもちろんプラスの影響だと思います。マザーズ指数が厳しい中やはり瓜生社長はいいタイミングでIRを打ってくると思います。狙ってやってる気がしてならないです。株価は長期目線ではやはり上で間違いないと思います。

あくまでこの分析はひざくりげの主観ですので、投資に関しては自己責任でお願いいたします。

ミンカブの動向情報、ブログの更新情報等はTwitterで毎日ツイートしておりますので宜しければご登録下さい。

https://twitter.com/hizakurige_work

 

過去のミンカブの記事

【過去→現在】

【テンバガー銘柄候補を見つけたい】第1回  ミンカブ・ジ・インフォノイド
リーマン投資家ひざくりげが考えるテンバガー銘柄候補の条件を満たす企業を紹介!第1回はミンカブ・ジ インフォノイド。ビジネスモデル、成長性、経営者、時価総額、様々な角度から分析する!必見!
【ミンカブ】近況概要レポート!機関投資家の空売り状況や中長期の株価推移を考察!
ミンカブ ひざくりげの保有銘柄のミンカブについて、良決算なのに株価が大暴落しておりますが、近況はどうなのか、今後株価はどうなるのか考えていきたいともいます。何故ミンカブを推しているのか、決算後何故暴落したのかは過去の記事をご参照ください。...
【ミンカブ】近況概要レポート!機関投資家の空売り状況や中長期の株価推移を考察!
ミンカブ ひざくりげの保有銘柄のミンカブについて、良決算なのに株価が大暴落しておりますが、近況はどうなのか、今後株価はどうなるのか考えていきたいともいます。何故ミンカブを推しているのか、決算後何故暴落したのかは過去の記事をご参照ください。...
日銀砲さく裂で株価は安泰?ミンカブは記事自動生成に関する特許査定を取得の報道!!
本日の日経平均株価 日経平均株価:23,032 円(-241.59円) TOPIX:1,605(-15.49) マザーズ指数:1131.73(-6.91) 本日は日経平均はGDで始まりましたが、後場には日銀砲(801億円)がさく...
【ミンカブ近況概要レポート3】特許取得&株主優待制度拡充と今後の株価について考察!踏み上げは近い!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
ミンカブ機関投資家空売り残高情報と最近の傾向、今後の展開予想について
ミンカブ機関投資家空売り残高情報 ひざくりげの最大保有銘柄であるミンカブについて、機関投資家の動向を綴っていきます。 下記はミンカブの前回決算日以降の機関投資家毎の「空売り残高」と「株価」の推移をまとめたグラフとなっています。いかに決算...
ミンカブがQUICKとの業務提携のIRを発表!内容とその効果を分析!
ミンカブのとQUICKの業務提携について 私の最大保有銘柄であるミンカブですが、本日の引け後の17時にQUICKとの業務提携についてのIRを発表しました。本文は下記のリンクからご覧ください。 QUICKとは? 私ひざくりげはお...
【ミンカブ近況概要レポート4】機関投資家の踏み上げ相場到来、展開予想と今後の戦略について!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
【ミンカブ緊急概要レポート】株価爆上げの最中引け後IRを発表!IRについて分析!
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、8月4日に良決算を発表しましたが機関投資家の空売りによって株価が軟調となっておりました。しかし、9月9日には「自動記事生成に関する特許査定の取得」を9月11日...
米国大統領選挙&決算前のミンカブ買い戦略について
月曜日の日経平均株価 日経平均株価:23,295円(+318.35円) TOPIX:1,607(+28.62) マザーズ指数:1155.42(-15.83) 米国大統領選挙について 私は個人的にはトランプ大統領が勝つと思ってます。...
【ミンカブ概要レポート5】2Q決算&売買戦略について
ミンカブについて 私ひざくりげのテンバガー銘柄銘柄&保有銘柄のミンカブについて、本日引け後に2Q決算を発表しました。私は決算を現在の株価は割安&市場予想は悪決算と思われている中、私は良決算だと思い跨いで勝負しましたが、決算内容がどうだった...

 


 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました